②経済成長を可能にする税制

②経済成長を可能にする税制 経済成長を促すためには、不況期においては景気を回復させるために積極的な財政政策を行い、景気過熱期においては景気を抑制するために緊縮的な財政政策を行い、物価と賃金がバランス良く変動するように誘導することが必要です。 財政政策と言えば、すぐさま思いつくものが公共投資ですが、税制や福祉制度も財政政策の一つです。むしろ、税制や福祉制度は国民生活の基礎となるものであって、まず、それらの基礎的な条件を整えることのほうが、公共投資よりも、景気回復に与える影響は大きいのです。ケインズはそのことを「雇用・利子および貨幣の一般理論」において、制度的枠組みが消費性向に与える心理的影響として分析しています。心理的影響だけではなく、所得再分配型の税制は、税制そのものに景気を回復させる効果があり、不況期においても、その効果が発揮されます。不況期における「所得再分配税制」...

ご支援くださる方はクリック→