③低所得者から税金を取るな

③低所得者から税金を取るな 税金はインフレを予防するために市場から貨幣を回収しようとするものです。そうすると、税金はどこから取ることが最も合理的かという問題になります。税金の貨幣の流通量を減らす目的だけを考えれば、どこから回収しても良いのですが、しかし、重要な問題があります。課税されれば確実にその納税者の持っているお金は減少し、「課税される者」つまり「回収される者」は、他の者に対して、相対的に貧困へのバイアスがかかるということです。担税力のないところに課税すれば納税者は破産します。確かに、インフレのブレーキだけを考えるならば、同じ額の税金を取る場合、高所得者層よりも低所得者層からお金を取り上げ、低所得者を貧困のどん底に蹴落とすことが最も効果的です。低所得者層は消費性向が高く、また、流動性選好もまったく無く、お金を全部使ってしまいますから、お金を与えすぎると、すぐにインフレになっ...

ご支援くださる方はクリック→