①税金とは何か

①税金とは何か 税金は、インフレを防止するための貨幣の回収手段の一つでしかありません。税金が政府支出の財源になっているとか、税金で福祉を賄っているとか思ってしまうのは早合点というものです。そのことの意味は、例えば、その年度の税収分が40兆円あったとして、それを全て現金に変え、国民の前で、派手に燃やしてしまえば解ります。貨幣は消えてなくなりますが、誰も騒ぎません。燃やそうがどうしようが関係ないということは、市場から消滅したことで税金の役割は終わっていることを意味しています。国庫に入れる必要は全くありません。そのことは、私たちに、税金は政府の財源では無いのではないかという疑念を抱かせます。考えて見れば、貨幣と言うものは、もともと政府が印刷して国民経済に提供しているものです。政府は貨幣をいくらでも作り出せます。たとえ税収が少なくても、国債が売れなくても、政府は貨幣を印刷して支出すること...

ご支援くださる方はクリック→