グローバリズムと日本国の歴史

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『プライマリーバランス黒字化というという毒針(後篇)①』三橋貴明AJER2017.7.25https://youtu.be/5G_x11KDpKE◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆間もなく、月刊三橋から「真・日本近代経済史日本近代の歴史は、グローバリズムとの戦いだった」というタイトルのコンテンツをリリースするのですが、日本に限らず、世界の近代経済史は「国民主義対グローバリズム」の戦いの歴史でした。ここでいうグローバリズムとは、定義的な「モノ、ヒト、カネの国境を越えた移動の自由化」に加え、個人の利益最大化に至上の価値観を置く抽象的な概念も含まれています。世界の歴史は、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に到達し、...

ご支援くださる方はクリック→