不妊治療の重要性が増している

今日はこんな記事です。 30代~40代女性の5人に1人が「不妊治療」中? タイトルは嘘です。中身を読めばわかりますが、正しい割合は、以下の通りです。 ・「妊活」を行っている女性の割合は、20代の11%、30代の13%、40代の5%、50代以上では2%・「妊活」を行っている女性のうち、不妊治療を行っている割合は、20代の14%、30代の20%、40代の21% というものです。掛け算すると、 ・不妊治療を行っている女性の割合は、20代の1.5%、30代の2.6%、40代の1% ということになります。タイトルに比べると、かなり小さな数字である印象を受けます。 しかし、体外受精で生まれてくる子供の割合は、全産子数の数%まで上がってきていて、無視できない数になっています。おそらく今年か来年には5%を超えるだろうと思います。&nbs...

ご支援くださる方はクリック→