大学を地方へ

今日はこんな記事です。 早稲田大学「合格者急減」の怪忍び寄る政府の規制、ー2000人に受験生も真っ青 政府の方針により東京23区内の大学は定員を増やさないこと、さらに、定員より多くの学生を入学させている大学の補助金を減らすという方針(これは東京の大学に限らない)により、各大学が合格者数を減らしている、という内容です。 これらの施策は、地方から東京への学生の流出を防ぐ目的があるようです。 記事ではさらに専門家の意見を聞いています。専門家によれば、「東京では土地の確保も難しいし、18歳人口が減っていく18年を前に、大幅に定員を増やそうという大学は少ない」「東京23区の定員を規制しても、おこぼれが来るのは首都圏の大学だろう」とのことです。 また、記事では、「実際に首都圏に若者が転入するのは、10代後半が約5万人なのに対し、20代前半は約22万人...

ご支援くださる方はクリック→