子供をもつと得する社会に

今日はこんなインタビューです。 橋田壽賀子と安楽死#2「子どもがいないから可哀そう」と言った友人の可哀そうな最後 タイトルから察することができると思いますが、結論は、「子供は親に頼るな、親は子供に期待するな」ということです。 例に挙げられた「友人」は、子供がいたけれど、会いにくることもなく孤独死したのだそうです。 ある意味正しい指摘だとは思いますが、「老後を子供に頼るな」では、「子供を産む理由」の一つがなくなることになり、少子化に拍車をかけるような気もします。 子供が面倒をみないと、結局国が面倒をみることになりかねませんし。 老後の面倒を子供がみると得をする、というか、面倒をみないと損をする仕組みが必要なのかな、と考えさせられました。例えば、同居すると相続税が安くなるとか・・・。 と思って調べてみたら、すでにあるようで...

ご支援くださる方はクリック→