第3子が産まれたら1000万円

今日はこんな記事です。 少子化が止まらない韓国で「3人産めば1000万円」の条例案が波紋=「子どもがまるで宝くじ」の声も 以下抜粋します。 2017年8月25日、少子化が深刻な勢いで進行している韓国で、高額な出産奨励金により子どもの数を増やそうという条例案がある自治体で提案され波紋を呼んでいる。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。 
ソウル近郊に位置する城南(ソンナム)市議会は、28〜30日に開く臨時会議で自由韓国党の議員が代表発議した「出産奨励金支援等に関する改正条例案」を含む26の条例案を審議・議決する計画だ。 
この出産奨励金に関する条例案は、第3子の出産に対する奨励金を、現行の100万ウォン(約10万円)から1億ウォン(約970万円)に、一気に100倍に引き上げるというもの。支給は、出産時にまず1000万ウォン(約100万円)、3・...

ご支援くださる方はクリック→