②消費税は生産面に課税されている

②消費税は生産面に課税されている シャウプが付加価値税を考案した時は企業を対象とした「直接税の付加価値税」であったし、フランスが最初にシャウプの付加価値税を採用しようとした時も最初は企業を対象とした「直接税の付加価値税」でした。現在の日本の消費税も事実は「直接税の付加価値税」ですから、シャウプの初志は貫徹されたことになります。あくまで、狙いは、「直接税の付加価値税」だったのです。なぜなら、そこにこそ、資本家が労働者の賃金を搾取する最前線が存在するからです。課税をめぐる対立軸は「富裕層の余剰資金」対「低所得者層の生存資金」との両端にあります。経済主体(人間)に置き換えれば「投資家・債権者」対「中小企業・労働者」の対立です。これは、ケインズの二階級観でもあります。貨幣は、営業利益によって企業に吸い上げられ、企業の営業利益は投資家に吸い上げられますから、あらゆる経済活動の終着点として...

ご支援くださる方はクリック→