①固定資産税は富裕税(純資産課税)ではない

①固定資産税は富裕税(純資産課税)ではない しばしば、政治家や経済学者があえて、「土地や建物を所有する担税力に着目して課税している」などと、まるで、固定資産税を富裕税(純資産に課税する税金)と思い込ませようとするかのような言動がありますが、これは有り得ません。政治家や経済学者の頭が悪いのか、判っていて嘘を言っているかのどちらかです。富裕税の論理として、持ち株や銀行預金に課税せず、不動産だけに課税することに正当性はありません。担税力を無視して課税する税金が応益税であり、財務省は、かつて、固定資産税は応益税の代表だと説明していたはずです。つまり、固定資産税は担税力と関係ないと、財務省自身が言っていました。土地や建物を所有する担税力と言いながら、日本で拡大している税金の滞納は消費税と固定資産税です。そして、税金の滞納による差し押さえが増加しています。これはどう説明するのでしょうか。土地...

ご支援くださる方はクリック→