帝国の興亡(前編)

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『骨太の方針と安藤提言(後篇)①』三橋貴明AJER2018.7.24https://youtu.be/WiR9Hq0l1_s◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆現在、アメリカ主導のグローバリズム崩壊後の、「権威主義的に政策を変更できる国々(帝国)」と、「民主主義や言論の自由により政策を自由にできない国々」との対峙をテーマに本を書いています。仮タイトルは「帝国の復活」。"帝国"の代表である中華人民共和国は、そもそも「中国人の国」ではなく、「中国共産党の国」です。中国人民に主権があるわけではありません。党が国家の上に立っているわけで、ナチスと同じですね。その「中国共産党の国」がWTOに加盟し、グロー...

ご支援くださる方はクリック→