西日本豪雨 中村時広愛媛県知事への提言 その7

 『西日本豪雨で被害を受けたJR予讃線の全面復旧には長い期間を要するようですが、今後、気候変動で今回のような豪雨の頻度が増える可能性があり、その度に長期間鉄道が不通になるという事態は避けなければなりません。  そこで、地震や豪雨等で寸断される恐れのある区間をトンネル等で避けるなど今回の豪雨災害の教訓を活かした大規模な改良事業を四国新幹線を見据えた整備と同時に全額国費で進めるよう政府に要求することを知事にお願いしたいと思います。』
『東日本大震災など過去の災害では被災した中小企業や農林漁業者の支援で手続きに時間を要したり、十分に立ち直れてない段階で災害関連融資の返済を迫られるなどの問題が起こっています。  西日本豪雨でも県内の多くの農林漁業者や中小企業が被災していますが、過去の教訓を活かし、金銭的支援は全て融資ではなく返済不要の給付とし、...

ご支援くださる方はクリック→