伊東光晴・評 『経済学は悲しみを分かち合うために-私の原点』=神野直彦・著 – 毎日新聞


伊東光晴・評 『経済学は悲しみを分かち合うために-私の原点』=神野直彦・著 >>記事全文
毎日新聞
もちろんそれは、戦後、東大の第一世代が導入したアメリカの主流派経済学--「経済学は資源配分の合理性」を求めるものであるとする新古典派--やがて新自由主義経済学への批判でもある。 それは、さらに進んで新古典派の市場中心主義への批判となる。その原点は、 ...

ご支援くださる方はクリック→