岩間陽子・評 『20世紀の歴史 両極端の時代 上・下』=エリック・ホブズボーム著、大井由紀・訳 – 毎日新聞


岩間陽子・評 『20世紀の歴史 両極端の時代 上・下』=エリック・ホブズボーム著、大井由紀・訳 >>記事全文
毎日新聞
彼にとって人間とは、利益を得ることだけで、充足感を得られる生き物ではないからだ。70年代以降、世界はまた危機の時代へと回帰する。80年代からの新自由主義に対し、ホブズボームは敵意を隠さない。世紀末の無秩序に対し、市場は何ら解決をもたらさない。ホブズボーム ...

ご支援くださる方はクリック→