マルクス主義 なぜ東アジアに? 作家・同志社大神学部客員教授 佐藤優氏 – 毎日新聞


マルクス主義 なぜ東アジアに? 作家・同志社大神学部客員教授 佐藤優氏 >>記事全文
毎日新聞
社会一般には、貧困や格差を個人の才覚に還元する新自由主義的な経済観が定着しています。マルクスよりこちらの方が、民衆に根づいた道教的価値観とも親和性がありますから。それでも、中国共産党の規約は、マルクス・レーニン主義が「人類社会の歴史の発展法則を ...

ご支援くださる方はクリック→