インフラと生産性向上技術

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『骨太の方針と安藤提言(後篇)①』三橋貴明AJER2018.7.24https://youtu.be/WiR9Hq0l1_s◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆現在、日本は「人手不足」故に様々な技術開発が進んでいます。例えば、極度に人手不足が深刻化している農業では、日本総合研究所が多機能型農業ロボット「ドンキー(仮)」を2019年からリース提供するとのことです。ドンキーは、農業の生産者を自動追尾。農薬散布や液体肥料の散布、収穫野菜の運搬支援に加え、自律走行で除草や害獣監視を担うとのことです。あるいは、収穫。農業で最も人出が必要なのは収穫ですが、農研機構などで何と「イチゴに触れないでイチゴを収穫する」ロボットの開発も...

ご支援くださる方はクリック→