③BIS規制による間接金融の妨害

③BIS規制による間接金融の妨害 金融機関には、地価下落による中小企業や国民の担保不足と、BIS規制という、融資(信用創造)をやりたくても出来ない障害があります。政府は金融機関に中小企業や国民への融資(信用創造)をさせないように障害を作った張本人ですから、当然、そのことを良く判っています。その障害に最も早く気付き、最も不満を持つ者は、融資(信用創造)によって利益を上げようとする金融機関です。そこで、政府は金融機関の不満が爆発しないよう、インフレ抑制による実質債権の維持、インフレ無き国債の提供、証券市場への参入、手数料の値上げ、当座預金付利子など様々な手を打って来たのです。実際に、政府が国債を発行しなくなったり、超過準備金付利子制度が廃止したりすれば、金融機関の不満が爆発し、政府の金融行政に批判が向けられることになるでしょう。間接金融(信用創造)に最も悪質な影響を与えたものは、1...

ご支援くださる方はクリック→