トヨタの「子ども手当」増額をどうみるか

トヨタが家族手当の支給対象を配偶者から子供へ転換したという話題は、このブログでも取り上げました。 今日はこれに関する解説記事です。リンク先はいずれ読めなくなりますので、全文引用します。
他の企業にもぜひ見倣ってほしいと思います。 トヨタ自動車が従業員に支給している「家族手当」を大幅に見直す――。そんなニュースが流れ、注目を集めた。 報道によると、トヨタの現行の家族手当は、社員の配偶者が年収103万円以下の場合に月額1万9500円、子ども1人あたり5000円が支払われている。新しい制度では、配偶者向けを廃止する代わりに、18歳未満の子どもの手当を1人あたり2万円に増額する計画だという。 家族手当の変更により、子どもが2人以上いる社員は手当が増えることになる。しかし、社員の配偶者が専業主婦(夫)で子がいない場合、逆に減ることになる。会社側にとって、全体の人件費支払い額は変わらない見通しだ。...

ご支援くださる方はクリック→