非常識から常識へ~ベーシック・インカムこそが価値観の変化に適応できる制度である

最近、私の周りでは「不食」について語る人が増えている。
俳優の榎木孝明さんがFacebookに実践の記録を公表し、話題にもなっており、不食に関する書籍も増えている。
少食ならともかく、不食になると実践するのも難しいと思うが、
「人は食べなければ生きていけない」という常識すら崩れてきているということだ。
インドの山奥で修行している人だけが実践しているものではなく、
一般の人でも、この常識を疑い始め、実践している人が増えている。
ならば、他の常識なんて、あっという間に崩れて非常識になってもおかしくはない。
労働に対する常識も当然変わってくるだろう。
「働かざる者喰うべからず」
という固定観念や、
月曜日から金曜日まで、朝起きたら電車に乗って会社に行き、遅くまで働いて、土日は休み
という習慣も、
時代の流れとともに変わってく...

ご支援くださる方はクリック→