10-2.政府債務の担保

10-2.政府債務の担保
  政府が債務を拡大し支出することは金融機関の信用創造に該当します。信用創造は金融機関の「預金の信用力」に依存するマネーストックの増大という意味であり、金融機関の国債引き受けによる政府債務の拡大もまた預金の信用力に依存してマネーストックを増大させる信用創造であると言うことが出来ます。つまり、金融機関が民間に融資しようが国債を買おうが、預金額は減らないことになっていますから、国債を買った分だけマネーストックがその分増えます。
金融機関が、民間を相手に行う信用創造は、民間の私有財産を担保として行われますから、私有財産の総額(時価総額)に制限されます。金融機関は民間から、現金、預金、土地、住宅、工場、テナントビル、農地、事業所、などありとあらゆるものを担保に取ります。しかし、これらの資産は、市場原理の中で、高くなったり安くなったりしていますから、融資時...

ご支援くださる方はクリック→