人口8000万を維持できなければ日本は滅ぶ

今日はこんな記事です。 日本は人口8000万を維持できれば滅びない 「人口8000万を維持できれば滅びない」というタイトルの記事ですが、現状のままでは維持できる見込みはありませんので、何もしないと滅びる運命にある、ということになってしまいます。 この記事は、『人口蒸発「5000万人国家」日本の衝撃』という本の書評です。以下全文引用します。 アベノミクスの目玉の一つである地方創生では、東京一極集中が人口減の元凶とされていた。しかし、5年後には東京都区部も人口減に転じる。早晩、地方で急激に進む高齢化と人口減が東京で始まるのだ。東京を弱めても問題の解決にはならない。では日本最大の危機である人口減にどう対応すべきか。本書は前日本銀行総裁、元財務事務次官ら賢人が集まり、100年後も経済活力を維持するための包括的な政策を提言する。 放置すれば今世紀末に40%の高齢化率の下で人口は5000万人へ減少す...

ご支援くださる方はクリック→