「アベノミクスよりすごい日本再生論」

今日はこんな記事です。 アベノミクスよりすごい日本再生論【前編】 東進ハイスクール、四谷大塚、イトマンスイミングスクールなど、幅広く教育事業を展開するナガセの創業者・永瀬昭幸社長へのインタビュー記事です。 永瀬氏は「第3子以降の出生に対し、国が1000万円の育児資金前渡し金を支給する」という提言をしたそうです。 第3子に限る理由としては、以下のように述べています。 「第1子、第2子にも支給すればそれなりの効果はあるでしょう。しかし国家財政が厳しい状況の中、支出を最大限の効果に結びつけるため「第3子以降の出生」としました。経済が豊かになれば自然に人口は増えるという意見もありますが、人口増加の多くは発展途上国に集中しており、経済が豊かになっても放っておけば少子化は進んでいくでしょう。また人口を増やすなら移民を受け入れればいいという案もありますが、移民受け入れの問題には異なる意見も多く、その是非...

ご支援くださる方はクリック→