ベーシック・インカムと原発

原発再稼働に賛成する人のなかには、
割合は分からないが、
原子力というエネルギーを必要としているのではなく、
単に生活していくための仕事がほしくて賛成している人が多いと思う。
地方で仕事がなく、これといった観光資源もないところは、
国からの補助金に頼ったり、使わない箱ものや不必要な道路をつくったり、
原発に頼っている。
もし、ベーシック・インカムが実現して、
仕事がなくても生活できるのなら、
原発再稼働に賛成する人はどれくらいいるだろうか?
今よりもかなり減るだろう。
賛成する人も自分の生活のために必死だと思う。
生存権がきちんと保障されていないがために、短期的な視野になり、
危険なことは分かってはいるが、せめて自分が生きている間は稼働してほしいと考えるのも無理はないと思う。
まずベーシック・インカムで生存...

ご支援くださる方はクリック→