企業経営者らが考える少子化対策

今日はこんな記事です。 「出産した女性を新卒採用して」“男性目線”の少子化対策に女性経営者たちがほえた 企業経営者らが集まって政府への政策要望などを議論する恒例の財界の夏季セミナーについての記事です。少子化対策が主要テーマだったようです。 記事から少しつまんでみましょう。 ・少子化・高齢化対策、人手不足問題で、全国各地の商工会議所の会頭らが地元で実施している対策が紹介されました。東京で働く30~40代のIターンやUターンの促進を図るため、東京に転居や転職の相談窓口を設置するといった施策などの紹介や、商工会議所主催で婚活パーティーを実施したことが紹介されたそうです。 ・ある社長(女性)から、「少子化問題の解決は緊急の課題。なぜ少子化になったかといえば、女性が結婚しなくなったからだ。できれば女性は早く結婚して子どもをたくさん産んでほしい。そのために、子どもを産んだ女性が30代になってからでも...

ご支援くださる方はクリック→