集団的自衛権についての憲法解釈変更と、憲法改正をフイにした安倍政権

集団的自衛権の憲法解釈変更は、保守派と呼ばれる人たちの間では、支持されています。 しかし、あえて、私は反対意見を提示したいと思います。 まず、一点目の論点としては、憲法解釈の変更をコロコロ行うようであれば、現行憲法が形骸化してしまうということです。 確かに、今の憲法はGHQに押し付けられた憲法です。しかし、だからといって、正式な憲法改正の手続きを行わないで、解釈の変更で押し切ろうとするのは、立憲主義を軽視していると言わざるをえないです。 違憲かどうかは最高裁判所が行う・・・確かにそうなのですが、だからといって「出たとこ勝負」で良いのでしょうか?そんな、慎重性の無い拙速な判断を行う安倍政権が、「保守」であるとは思えません。 もし、違憲判決が出たら、どのように責任をとるのでしょうか? 二点目の論点としては、今回の解釈変更によって、憲法改正の機会がかなり遠のいたことです。安倍政権が無理なスケジ...

ご支援くださる方はクリック→