安倍談話には、マイナス評価を与えるしかない

安倍晋三総理大臣が、戦後70年の節目ということで、「安倍談話」を出しました。 結論からいうと、この談話は「余計なもの」であり、今まで以上にやっかいな問題をはらんでしまう、マイナス評価しか与えることのできないものであります。 引用しながら、「どこが問題なのか?」を示していきたいと思います。 引用『戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。』 「傷つけられた女性」としか言っていませんが、これは諸外国からは「(いわゆる従軍)慰安婦」のことだと思われてもしかたがないでしょう。「保守系」だとされる安倍晋三がこんなことを言ってしまえば、もはや未来永劫、慰安婦の詐欺について覆すことは不可能になってしまいます。 ・・・まあ、今回の談話がはじめての言及ではなかったのですが。。。 ※参考
・産経のスクープ後に、総理「慰安婦に心が痛む」
・慰安婦の争点は「強制性」の...

ご支援くださる方はクリック→

このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人