魔女狩りの魔女にされた土地資産

魔女狩りの魔女にされた土地資産

バブル崩壊に至る一連の流れは、アメリカと当時の日本政府によって念入りに仕組まれたものと考えられます。アメリカは、1989年から1990年の日米構造協議、1993年の日米包括構造協議、1994年の対日年次改革要望書で、一貫して日本の地価を下げろと要求していました。
当時の日本政府や日銀総裁はこのアメリカの要求に応じるために、故意にバブルを起こし、故意にハードランディングさせたのです。これは売国政策そのものです。さらに現在も、アメリカの意向に沿って、故意に、日本の地価を下げ続けています。日本政府は、バブルの発生と崩壊の原因は日本政府自身の謀略にあるにも関わらず、そのことを隠蔽するために、土地神話なる言葉を引き合いに出し、日本国民の不動産に対する思い入れは異常であり、そこに全ての責任があるとしました。そこで、日本政府はハードランディングが不可避であったこと...

ご支援くださる方はクリック→