第2子が生まれるか否かは第1子誕生後1年以内に決まる?

パートナーの死よりも影響大!第二子を阻む「生活満足度の低下」
夫婦にとって、子どもを何人持つかはライフプランに大きくかかわるテーマです。「長男(長女)にきょうだい..........≪続きを読む≫ [アメーバニュース] ドイツは対GDP比で家族関係社会支出(要するに少子化対策費)を日本の1.6倍支払っていますが、合計特殊出生率は日本よりも低いという少子化で悩んでいる国です(参考)。 そのドイツにあるマックス・プランク人口統計学研究所が「最初の子どもが生まれて1年の間に生活満足度が低下したカップルほど第二子を持つ確率が低い」という調査結果を発表したそうです。以下抜粋引用です。 今回は海外メディア『TheExpressTribune』を参考に、第二子を持たないという選択と、その理由について考えていきたいと思います。 この研究は、SOEPと呼ばれるドイツの大規模な統計調査のデータをもとに行われ...

ご支援くださる方はクリック→