ボサノバと建築


人気ブログランキングへ
水曜日は、みぬさよりかず氏による経世済民・建築論です! 今号では、ブラジル経済と建築の話を頂いております。経世済民・建築論『ボサノバと建築』 『建築家オスカーニーマイヤー展』 現在、東京都現代美術館でブラジル人建築家のオスカーニーマイヤー展が開催されています。ニーマイヤーの特徴は、何と言ってもブラジルの首都、ブラジリアの主要建物を総て設計した点です。人類史上首都を一人でデザインしたのは彼だけです。非常に長寿の建築家で2012年に104歳で逝去しました。 『最高裁判所長官の孫』 オスカーニーマイヤーは、1907年にリオデジャネイロの裕福なドイツ系の家に生まれ、祖父はブラジルの最高裁判所長官だったそうです。後にブラジリアの都市計画を担当する建築家の元で修行し、その事務所の顧問だったモダニズム建築の巨匠ル・コルビュジエとも知り合います。その後に建築家として独立...

ご支援くださる方はクリック→