平成28年版少子化社会対策白書を読む19 関連予算2

平成28年版少子化社会対策白書を読んでいます。今日が最終回です。

今日は全体版から「参考」の少子化社会対策関係予算です。

額が多い項目(1000億円以上)を挙げてみます。

・児童手当1.4兆円
・子どものための教育・保育給付6500億円
・育児休業給付5000億円
・高校生への修学支援3800億円
・大学奨学金1000億円
・児童扶養手当1700億円
・障害児施設措置費・給付費1500億円

ちなみに昨年分はこうでした。

・児童手当1.4兆円
・子どものための教育・保育給付6千億円
・育児休業給付4千億円
・高校生への修学支援4千億円
・障害児施設措置費・給付費1千億円

少子化対策関連の予算は全体的に増えていますが、子供の数が減っているせいで、児童手当や高校生への修学支援が若干減っているのが少しさびしいところです。

相変わらず最...

ご支援くださる方はクリック→