少子化対策のモチベーション

今日は、少子化対策についてフランスのジャーナリストに尋ねる、というインタビュー記事です。

出生率2.0を実現するフランスとの違いは制度だけじゃない!「日本の社会は子供を持つことをポジティブに受け止めているか?」

フランスは少子化対策に膨大なコストを投入し、出生率を2前後に維持することに成功している国です。

この記事で非常に印象に残ったフレーズがあります。以下抜粋です。

フランスの子育て支援には長い歴史があり、古くは19世紀、普仏戦争の時代まで遡(さかのぼ)ります。そもそもフランスには「人口」=「国力」という考え方があり、18世紀には人口2千万人を超えてヨーロッパ最大を誇っていました。しかし、1870年に起きた普仏戦争でプロイセン王国に敗れて以来、もっと人口を増やして国力を強めなければならないという声が高まり、国による人口増加政策が始まったと言われています。

第...

ご支援くださる方はクリック→