「経済成長とは」



人気ブログランキングへ




老いの一徹:「負債による付加価値への支出増が名目GDPの増分である」


経済を成長させるとは「名目GDPを前年より増加させること」であり、経世済民の目指すところでもあります。(なお、名目GDPは以降単にGDPと表記します。)

従って、「経済学」に課せられた役割は経済成長のソリューションを示すことなのですが、現代経済学は数々の馬鹿理屈を内包し支離滅裂の状態にありますので、まともなソリューションを示すことが出来ていません。
いわく「金融緩和をすれば経済成長する」、いわく「供給制約を取り除けば経済成長する」などが現代経済学が示しているソリューションなのですが、これなどは「へそが茶を沸かす」「噴飯もの」と形容しても形容が足りないぐらいの代物であり、まこと役立たずとはこのことです。

では、「どうすれば経済成長ができるか」なのです...

ご支援くださる方はクリック→