民進党代表選挙の政策

今日はこんな記事です。

民進党代表選、3人が口を揃えた「貧困問題」イメージアップは精神論で
民進党代表選挙の候補者による共同記者会見(全文1)3候補の政見

理想的な政治の進み方というのは、少数の党が政策を提案し、国民の選挙で選ばれた与党が提案した政策を実行する、ということだと思います。日本は長いこと自民党が政権を担当しています。与党が強すぎると国民が政策を選ぶ余地がなくなってしまいます。

民主党は自民党を追いやって政権の座につきましたが、あれが成功だと考えている国民は、もはや少数だろうと思います。

国民は、与党になる政党がどうあるべきなのかがよくわかったと思います。一方で、わかっていない、あるいはわかっていても何もできないのが現民進党であるように思います。

この党は、まず党内の政策論議をきちんとしないといけません。党内をまとめることもできないのに国会をまと...

ご支援くださる方はクリック→