(再)『まともな日本再生会議』・その3

今回は2014年3月21日の記事の焼き直しになります。ところどころピンク文字で追記しております。
オリジナル記事はこちら↓『まともな日本再生会議』・その3http://ameblo.jp/claemonstar/entry-11798300523.html
-----------------------
さて、『まともな日本再生会議』の感想の第3回目になりますが、ここでは新自由主義の問題点が浮き彫りになってきて共同体の価値への再評価が深まってまいります。新自由主義は個人主義的な側面もありますが、共同体の破壊によって個人へとバラバラになった結果として新自由主義者が増殖することになったとも考えられるかもしれませんね。
『柴山:リーマン・ショックが起きて5年がたち、世界経済は明らかに乱気流に入っているというのに、これまでのグローバル化・新自由主義路線を修正しようとする動きが見られません...

ご支援くださる方はクリック→