「ムダ」は技術の発展に必要不可欠

ソウルメイトさんの寄稿コラム「ムダこそ社会の宝」
http://s.ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12171071108.htmlでは、元禄文化の発展という視点で社会における「ムダ」の必要性について論じておられましたが、私は違った視点から「ムダ」の必要性について考えてみたいと思います。


無人探査機により海底資源を自動で調査する新技術を使った調査で、南鳥島周辺の5500mの海底からレアメタルを多く含むコバルトリッチクラストの鉱床を発見したと、今年2月に海洋研究開発機構などが発表しました。レアメタルやレアアース、メタンハイドレートなどの日本近海の海底資源の商用化をぜひとも成功させてほしいと思いますが、技術面や採算面など難しい課題は多くあります。


民主党政権下の「事業仕分け」や、安倍政権で河野行革担当相が行った「行政事業レビュー」では、...

ご支援くださる方はクリック→