待機児童、また増加

厚労省がH28年4月時点の保育所状況を発表しました。

要点をまとめましょう。
・保育所定員は10万3千人増加
・保育所利用者は8万5千人増加
・待機児童は386人増加して23,553人

一昨年まで待機児童数は緩やかに減少していたのですが、昨年・今年と微増してしまいました。

もちろん国は何もしていないわけではなく、保育所の定員は毎年万人単位で増やしてきました。特に一昨年は子ども・子育て支援新制度のおかげで大幅な定員増加があったのですが、申請数も大幅に増加し、返って待機児童を増やす結果になっています。

ちょっと気になるのは、待機児童数は増えているのに、定員充足率が下がっていることです。

H26年97%→H27年93.8%→H28年93.3%

上記の通り、保育園定員ほどは利用者数は増えていません。

制度の変更による点もあるのでしょうが、「作るべき...

ご支援くださる方はクリック→