晩婚化・晩産化は少子化の原因なのか

今日はこんなコラムです。

「少子化の元凶」は本当に晩婚晩産化なのか

著者は晩婚化・晩産化が少子化の元凶であることに疑問を持ち、少子化の原因を考察しています。

内容は、経済面、母親の精神的余裕、キャリア面、他国との比較など、このブログでも何度も取りあげている話が多いので割愛します。

ここでは、著者の疑問である「「少子化の元凶」は本当に晩婚晩産化なのか」に対する問いを考えてみましょう。

答えは「ノー」です。

もっと正確に言うと、出生率が2を上回っていた時代の出生率の低下の原因は晩婚化・晩産化があるかもしれませんが、少なくとも出生率が2を下回るようになった1970年代以降はあまり関係がありません。

出生動向基本調査から夫婦の完結出生児数(左:夫婦の最終的な平均子供数)と合計特殊出生率(右)を比較してみましょう。

19523.502.98
1957...

ご支援くださる方はクリック→