「消費税増税で実は実質GDPは増えていた!」統計が違えば結果はまったく違ってしまう[橘玲の日々刻々] – ダイヤモンド・オンライン


ダイヤモンド・オンライン >>記事全文

「消費税増税で実は実質GDPは増えていた!」統計が違えば結果はまったく違ってしまう[橘玲の日々刻々] >>記事全文
ダイヤモンド・オンライン
同様の混乱は小泉政権時代にも起こりました。2006年にOECD(経済協力開発機構)が発表した「対日経済審査報告書」で、日本の相対的貧困率はアメリカと並んで高いと指摘されたのです。これによって「一億総中流」の常識は覆され、「ネオリベ(新自由主義)のせいで経済格差 ...

ご支援くださる方はクリック→