政府の借金と大衆感情

相変わらず朝日新聞やらが「国民ひとりあたり800万円の借金」などというプロパガンダを展開しておりまして、これに対して「そらちゃうやろ?」と正しい知識を持つことも大変重要なんですけれども、今日は国民感情という面から政府の借金問題を考えてみたいと思います。 論理的にいいますと、資本主義とは「借金を増大させて成長していく」という話だけで「はい、終わり」ですし、政府の借金問題で言えば「全部円建て」で「はい、終わり」となるはずなんです。全部円建てなのに日本政府がデフォルトするというのは不可能ですし、ここが広まればいいんですけれども、どうもそこまで広まっていないのは「感情」という面があるんじゃないか?と思ったわけです。[壁]д・)チラック、クリック…
 ・・・・・あとは財務省や新聞などのプロパガンダによる影響も大きいのでしょうけれども。そしてこのプロパガンダは非常によく「日本国...

ご支援くださる方はクリック→