ゲーテとの対話1

現在、毎週火曜日に言論ポータルサイト「進撃の庶民」において【ゲーテとの対話】と題して、ゲーテの格言を紹介するコラムを書かせていただいております。
  
そこで、今回は今まで紹介してきた格言をまとめてみたいと思います。
ゲーテとの対話上(岩波文庫)
エッカーマン著山下肇訳
ゲーテとの対話上(岩波文庫赤409-1)/岩波書店

¥1,015
Amazon.co.jp
(中巻と下巻もございます。)

詳細な解説につきましてはリンク先のエントリーをお読みくださいませm(__)m
まずは身近な現在を題材にhttp://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12188679386.html
「そういう包括的な対象になると、個々の部分でその素材を完全に自分のものにしていないと、全体があちこちで穴だらけのものになるだろう。そこですぐと非難されるのだ。...

ご支援くださる方はクリック→