見返りを求めているようでは、よい仕事は出来ぬ【ゲーテとの対話7】

本日はくらえもん様の寄稿コラム、【くらえもんの世界】(管理者で勝手に命名しました__)をお届けします!


人気ブログランキングへ
6週目となりました『ゲーテとの対話』です!!

ゲーテとの対話上(岩波文庫)
エッカーマン著山下肇訳
ゲーテとの対話上(岩波文庫赤409-1)/岩波書店

¥1,015
Amazon.co.jp
(中巻と下巻もございます。)


『ゲーテとの対話』よりゲーテの格言を紹介するこのシリーズ。今回はこちらの言葉を紹介します。

「比較的才能のとぼしい連中というのは、芸術そのものに満足しないものだ。彼らは、制作中も、作品の完成によって手に入れたいと望む利益のことばかり、いつも目の前に思い浮かべている。(上巻P148)」

何かの作品を作るときに、どれだけ名声が得られるか、どれだけ儲かるかを目的に作るのと、素晴らしい完成度の高い作品...

ご支援くださる方はクリック→