緊急寄稿 NHK四国羅針盤の放送内容に断固抗議する

四国羅針盤「四国を支える外国人~技能実習生の現状は~」



アジアからやってくる外国人技能実習生。本来は技術の移転が目的の制度だが、今や造船やみかん、食品加工など様々な現場で“欠かせない労働力”になっている。単身来日し、厳しい労働につくことも多い実習生たち。受け入れ側の言葉のサポートや異文化への理解は十分でなく、地域社会との接点もない中で、精神的に追い詰められるケースも多々あるという。四国における外国人技能実習生の現状と今後の向き合い方について考えていく。

【ゲスト】丹野清人,【キャスター】松田利仁亜

引用終り


本日のコラムは別の内容を予定していたのですが、9月16日にNHK松山放送局が放送した上記の番組の内容があまりにもヒドイものだったので、急きょ内容を変更しそれについて取り上げさせていただきたいと思います。


この番組の内容の最も大きな問題点は...

ご支援くださる方はクリック→