大概の日本人は高度人材である

『人口が減るのに街は失業者であふれる!?「雇用貧乏国」ニッポンの厳しすぎる未来』
(ダイヤモンドオンライン西川敦子/フリーライターhttp://diamond.jp/articles/)当該コラムは、いまから4年ほど前に書かれたものだが、そこに内包された問題や矛盾は、現在に至っても改善されておらず、多くの国民が勘違いしたままだ。執筆者の西川氏は、
・国立社会保障人口問題研究所によると、2025年の日本の人口は6.2%減り1億1927万人となると予測され、生産年齢人口の減少が懸念される。
・2010~2025年の生産年齢人口の減少率は年率0.9%と予測される一方、工場の機械化やロボット化により労働生産は1.19%程度上昇し、生産年齢人口の減少率を上回るため、このままでは労働力不足は起きず、働きたいのに働けない人が溢れてしまう。
・国内メーカーの工場海外移転に伴う雇用の...

ご支援くださる方はクリック→