絶対主義あるいは全体主義にたいするドラッカーの批判①【ソウルメイトの思想】

本日はソウルメイト様の寄稿コラムをお届けいたします!

今回もソウルメイト様が超力作のコラムを書いてくださいました!

変な本を一冊読むよりソウルメイト様のコラム一篇。

読後、私も色々と考えさせられ、自己の言動に反省することが多々ありました。

それでは、皆様もじっくりと味わいながら読んでくださいませ^^/


人気ブログランキングへ

『絶対主義あるいは全体主義にたいするドラッカーの批判①【ソウルメイトの思想】』


西洋保守主義の源流とされるエドマンド・バークの考え方は、「経営学の神様」と称せられるピーター・ドラッカーに大きな影響を与えたようです。ピーター・ドラッカーといえば、企業における経営者やその後継者、上級管理職などでその名を知らない人はまずいないと思いますが、意外にもドラッカーの処女作は、ナチスドイツやスターリンの恐怖政治のもとに勃興しつつあ...

ご支援くださる方はクリック→