何のために配偶者控除をするのか。

今日はこんな記事です。

パート主婦が年収を103万円未満に抑える理由は、本当に配偶者控除が原因なのか?(浅野千晴税理士)

配偶者控除では、103万円の壁を超えると税金を払わなければいけません。

著者の指摘は以下のようなものです:年末近くに103万円の壁を越えないように就業調整をしている人は少ない。したがって、大多数の女性は、労働調整など必要がない位しか収入はないのであって、労働調整しない理由も「労働調整の必要がなかった」という割合が一番多く、103万の壁問題に無縁といった労働者が大多数ない。

これは政府の主張と矛盾します。政府は、配偶者控除が働く女性への足かせとなっていると主張し、女性の社会進出を促進するために撤廃する、という議論をしてきました。

著者の主張は根拠が弱いと思います。労働調整をしていない人は計画的に103万円以下になるように労働時間を抑えている...

ご支援くださる方はクリック→