”人権問題考える際に「ここは日本なんだから…」と国際的な視点を嫌がるのは”




私は、なんでも外国に合わすのは正しいとは思いません。国によって人権のあり方が違うのは当然だと思います。


例えば、日本の国民皆保険制度は国民の命や健康を守る素晴らしい制度として国民から理解されていますが、アメリカで同じような制度を導入しようとした場合、「政府が全国民から一律に保険料を強制的に徴収するのは自由の侵害だ」などの反対が多く出て実現は困難になるでしょう。


もし、アメリカ型の考え方が「グローバルスタンダード」になった場合、日本はそれに従い国民皆保険制度を手放すべきでしょうか?尾木ママ、教えて下さい!



言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援目的のサイト



・【新世紀のビッグブラザーへ~三橋貴明様】
政治経済ブログランキング一位!経世済民・反新自由主義を学ぶブログ!

...

ご支援くださる方はクリック→