GDPの本質

金曜日は、secretary-of-japan氏のコラムですが、本日は落稿となりました。大変申し訳ありませんが、本人より、どうにも読んで面白いと思えるものが書けなかったとの説明がありまして、過去分を一部編集して、掲載することといたしました。ご了承ください。



人気ブログランキングへ



言うまでもないことだが、GDPとは国内総生産であり、国民がどれだけ豊かになったかの指標ではない。何を言っているのだ?と思う向きもあるだろうが、GDPは国民の豊かさ指標ではない。

GDPの根源は、付加価値をどれだけ乗せることができたかという数値だ。
だからこそ、国内総生産という名前になる。

無論、三面等価の法則があり、消費からみたGDP、生産からみたGDP、所得からみたGDPは等価だ。しかし、読んで字のごとく、本来的には国内総生産と言うとおり、どれだけの付加価値を生産でき...

ご支援くださる方はクリック→