第3子以降の保育料無償化を拡大

今日はこんな記事です。

第3子以降の保育料無償化を拡大来年度から段階的に政府検討

第3子以降の保育料無償化というのは現行制度でも行われているのですが、現行制度では無制限に無償化されているのではなく、第1子がある年齢に達すると、第3子でも無償化対象ではなくなります。

この「ある年齢」は、第3子が通うのが保育園か幼稚園かによって変わるので、ややこしいルールになっています。

今回検討されているのは、第3子以降の保育料無償化が適用される範囲を広げよう、というものです。

記事によれば、二つの案が検討されているようです。一つは、低所得者層に限って第1子の「ある年齢」をとっぱらい、全ての第3子の保育料を無償化するもの。もう一つは、所得に関係なく、第3子が保育園に通っている場合、第1子の「ある年齢」を引き上げることです。

どちらが少子化対策に効果があるのかは、記事を読...

ご支援くださる方はクリック→