晩産化のようす

15~19歳と40歳以上で出生数増、2014年人口は過去最少
厚生労働省は9月3日、平成26(2014)年人口動態統計の確定数を発表した。出生数は前年比2万6,277人減の100万3,539人で過去最少となり、合計特殊出生率は前年比0.01ポイント減の1.42人であった。自然増減数は8年連続して減少している。

人口動態統計は、出生・死亡・婚姻・離婚・死産の実態を表すものとして毎年作成している。今回発表の確定数は、6月に公表した人口動態統計月報年計(概数)に修正を加えたもの。

出生数は100万3,539人で、前年の102万9,816人と比べ2万6,277人減少し、合計特殊出生率は1.42で前年の1.43より低下した。母の年齢(5歳階級)別にみると、出生数は14歳以下と20~39歳の各階級では前年より減少したが、15~19歳と40歳以上の各階級では増加した。合計特殊出生率の内訳は...

ご支援くださる方はクリック→