老いの一徹「乗数効果・・・・ある時と無い時があります」



人気ブログランキングへ


老いの一徹「乗数効果・・・・ある時と無い時があります」

乗数効果については種々の議論がありますが、ケインズ経済学の中枢をなす考えです。
ケインズ経済学を否定するにはこの乗数効果を否定する必要があります。なので、この考えを否定したり歪曲したりすることが主流派経済学(とういうか、ケインズ経済学を葬り去ることで主流派となった経済学)の主作業の一つです。

私はデフレ不況から脱却するにはケインズ経済学が述べる施策を実施する以外に方法は無いと思っていますので、乗数効果を否定したり歪曲したりする論には徹底して論戦を挑み論駁することにしています。
そのことがひいてはケインズ経済学の正しさを主張することになりますので。

そう思うようになったきっかけの一つに、小島寛之という人のブログ「乗数効果なんて、幻なんだってば」を引用し、乗数効果を否定する...

ご支援くださる方はクリック→